しらぎく幼稚園|幼稚園の運営|神奈川県公認幼稚園|預かり保育|課外教室|神奈川県横浜市

  • しらぎく幼稚園
qrcode.png
http://www.shiragiku-kg.ed.jp/
モバイルサイトにアクセス!
しらぎく幼稚園
〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1146
TEL.045-881-8030
FAX.045-865-1116

――――――――――――――――――
・幼稚園の運営
・神奈川県公認幼稚園
・預かり保育(給付対象外)
・課外教室
――――――――――――――――――
101048
 
 

しらぎく幼稚園からのお知らせ

しらぎく幼稚園からのお知らせ
 
節分の豆まき 子どもの窒息・誤嚥事故に注意!
2021-02-02
節分にあたり ご家庭での豆まきにご注意ください。
園では昨年は福豆を食べることはせず「豆まき」のみ行いました。
本年も同様の予定でした(残念)
例年クラス単位で豆まき後の豆の誤食・誤飲のため
ホール内で行い、全て豆を片付けるようにしています。
 
『節分』注意して たのしい豆まきをしてください
 
 
消費者庁 News Release(一部抜粋)
 

食品による子どもの窒息・誤嚥事故注意!

 

―気管支炎や肺炎を起こすおそれも、硬い豆やナッツ類等は

5歳以下の子どもには食べさせないで―

 

全国の医療機関から寄せられた5歳以下の子どもが食品をのどに詰まらせた事故は

令和2年までの10年間で141件報告され

大豆やピーナッツなどの「豆・ナッツ類」が全体のおよそ2割を占めているということです。

令和2年2月には、節分の豆をのどに詰まらせた4歳の子どもが窒息して亡くなる事故が起きています。

 

特に注意が必 要なのは、奥歯が生えそろわず、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではない子どもが豆や

ナッツ類を食べると、のどや気管に詰まらせて窒息してしまったり

肺炎を起こしたりするリスクがあることです。

嚥下シミュレーターを使用し豆類による窒息・誤嚥について解析したところ

口の中に豆類が入ったまま寝転がる等の運動を行ったり、リクライニングしながら食べたりする

頭に入り込みやすくなり窒息・誤嚥のリスクが高くなること

豆類が小さ かったり、呼吸中など気道が広がっていたりすると

喉頭や気管まで入り窒息のリスクが更に高くなることが分かりました。

これらを踏まえ

窒息・誤嚥事故防止のため、以下のことに注意しましょう

 

(1)豆やナッツ類など、硬くてかみ砕く必要のある食品は5歳以下の子どもに

 は食べさせないでください。

喉頭や気管に詰まると窒息しやすく、大変危険です。

小さく砕いた場合で も、気管に入りこんでしまうと

肺炎や気管支炎になるリスクがあります。

 

(2)ミニトマトやブドウ等の球状の食品を丸ごと食べさせると窒息するリスク

があります乳幼児には、4等分する、調理して軟らかくするなどして

よくかんで食べさせましょう。

 

(3)食べているときは、姿勢を良くし、食べることに集中させましょう

物を口に入れたままで、走ったり、笑ったり、泣いたり、声を出した

りすると、誤って吸引し、窒息・誤嚥するリスクがあります。

 

(4)節分の豆まきは個包装されたものを使用するなど工夫して行い

子ども が拾って口に入れないように、後片付けを徹底しましょう。

 

 
『おうちでやってみよう』シリーズNew UPしました
2022-02-02
お家で過ごしているみんなへ 先生からのプレゼント!
<保護者専用ケージ内>からご覧ください。
 
令和4年度 新入園児の皆様へお知らせ
2022-02-01
新入園児の保護者の皆様へ
 
現在、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため
2月7日まで休園措置を取っております。
 
本来ですと2月9日午後 被服教材のお渡し日となっておりますが
変更等も検討しています。
 
皆様へのおハガキの郵送も止めておりますのでしばらくお待ちください。
HPでのお知らせ、登録いただいている一斉メール・アプリでのご連絡とします。
 
登録がお済みでない方はお済ませください。
*入園許可された方へお渡ししておいます
新入園児保護者の方以外の方の登録はできません。削除させていただきます。
 
感染拡大防止のため休園中
2022-01-31
新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の為2月7日まで休園しています
一斉メールのメッセージは保護者専用ページからご覧ください
 
ご参考 戸塚区保健センター
2022-01-30
 
神奈川県からのお知らせ
2022-01-29
新型コロナウイルス感染症に感染された方は
『自主療養』を選べるようになります
 
ご理解ご協力をお願いします
1/28より実施
 
<県PDF添付>
対象は
おミクロン株の感染拡大、重症化リスクの観点などから6歳から49歳までの基礎疾患・肥満傾向がのない方
 
注意
対象とならない方は5歳未満50歳以上、基礎疾患・肥満傾向がある方
妊娠の可能性のある方医療機関を受診し医師の診断を受けてください。
 
 
検索:神奈川県「自主療養について」
 
知事メッセージ1/19
2022-01-21

 

混雑した場所や感染リスクの高い場所は避けるなど

ウイ ルスは身近にあるという意識を強く持って

みんなで 

M(マスク)・A(アルコー ル消毒)・S(遮蔽とショートタイム)・K(距離と換気、冬は加湿)の基本的な感 染防止対策を継続していきましょう

 

 

 

知事メッセージ

 

圧倒的な感染力を持つオミクロン株によって、本県の新規感染者は、わずかな期間で激増しました。

現時点では、本県の病床はひっ迫している状況にありませんが、若者を中心に広がっている感染が

今後、重症化リスクの高い高齢者に広が れば、あっという間に病床がひっ迫する事態になりかねません。

また、いわゆるエッセンシャルワーカーが、感染等により出勤できず、 社会経済活動が麻痺する恐れも生じています。

この切迫した状況を踏まえ、本日、国は、本県を含む首都圏1都3県 などに対して

1月 21 日から2月 13 日までの間、特措法に基づくまん 延防止等重点措置の適用を決定しました。

これを受け、県は、県民や事業者の皆さんに次の事項を要請します。

 

〔県民の皆さんへ〕

 

人混みは危険という意識を強く持って

混雑を避けるほか、マスク

飲食や、M・A・S・Kの基本的な感染防止対策を徹底してください。

また、マスク飲食実施店に認証していない飲食店や21 時以降に開いている飲食店には行かないでください。

今後、気を付けるべきは、高齢者に感染を広げないことです。

改め「一人ひとりが徹底用心」をお願いします。

 

 

〔事業者の皆さんへ〕
〇 マスク飲食実施店の認証店は、

「営業時間は 21 時まで、酒類の提供は 20 時まで」または、「営業時間は20時まで、酒類の提供はなし」の

いずれかを選択してく ださい。時短要請に応じていただいた店舗には協力金を支払いますが

どちらを選択したかにより金額は異なります。

人数は、1テーブル4人までとします。

ただし、結婚披露宴や法事 などの慶弔行事で飲食店を利用する場合は

当日全員が検査を行い、 陰性が確認できた場合は、人数制限はなしとします。

 

〇 マスク飲食実施店の非認証店は、
「営業時間は
20 時まで、酒類の提供はなし、1テーブル4人以内」と します。

 

〇 非認証店についても、時短要請に応じていただいた店舗には協力金 を支払います。

 

〇 大規模イベントは、感染防止安全計画を策定し、県の確認を受けた 場合、人数上限は2万人とします。

ただし、当日2万人を超える範囲 の入場者全員が検査を行い、陰性が確認できた場合は、人数は収容定 員までとします。

 

〇 医療、福祉、ライフラインなどの事業者は、従業員の十分な感染防止対策を取りつつ

感染者や濃厚接触者が多く発生した場合であって も、業務継続を図るよう努めてください。

 

県は、昨年末に病床の確保フェーズを3に引き上げるほか、宿泊療養 施設のさらなる確保や

自宅療養者の支援体制の強化など、先手先手で、 医療提供体制の確保に取り組んできました。

こうした中、このたびのまん延防止等重点措置の適用によって、県民 や事業者の皆さんに

再びご負担をおかけすることとなり、大変心苦し いですが

24 日間にわたる措置で、この危機を早期に収束できるよう

ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 令和4年1月19日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 

 
知事メッセージ11/22
2021-11-23

知事メッセージ

 

県民、事業者の皆さんによる、基本的な感染防止対策の徹底のおかげで

新型 コロナウイルスの感染は、落ち着いた状況が続いています。

この間の皆さんのご 協力に、改めて深く感謝いたします。

こうした中、国は、基本的対処方針を変更し、飲食店やイベントの人数制限を 緩和することとしました。

また、新たにワクチン検査パッケージを活用すること で、今後、緊急事態宣言やまん延防止等

重点措置が適用された状況でも、人数制 限などを行わないことにしました。

これを受け、本県では、飲食店に対して「1組(1テーブル)4人または同居 家族、2時間を目安」

としてきたお願いは、本日から解除します。

5千人を超えるイベントについては、事業者が「感染防止安全計画」を作成し  

県が確認することで、人数上限を収容定員まで緩和します。

「感染防止安全計画」 については、11 25 日から受付を開始します。

また、県では、県民限定で県内旅行の割引を行う「かながわ県民割」

と国の事 業である「GoToEat 食事券」の販売を12月1日から再開することとしました。

さらに、国が打ち出した新たな経済対策にもしっかりと対応し、経済のエンジン をまわしていきます。

このように、制限を緩和し、社会経済活動を促進していく中で、感染の再拡大

を招かないためには、県民、事業者の皆さんが、基本的な感染防止対策を引き続 き徹底することが何よりも大切です。

新型コロナウイルスは消滅したわけではありません。

もうすぐ年末年始を迎え る時季となりますが、混雑した場所や感染リスクの高い場所は避けるなど

ウイ ルスは身近にあるという意識を強く持って

みんなで  M(マスク)・A(アルコー ル消毒)・S(遮蔽とショートタイム)・K(距離と換気、冬は加湿)の基本的な感 染防止対策を継続していきましょう。

 

 令和3年11月22日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
『鈴木由美子先生』講演会のお誘い  令和3年度 地域父母組織活動強化補助事業
2021-11-01
 
令和3年度 地域父母組織活動強化補助事業のご案内
公益社団法人横浜市幼稚園協会戸塚支部では地域の子育ての情報の発信、子育て環境充実等の為
毎年講演会を企画し行なっております。本年度は、昨年好評であったことからに再度公演をお願いしました。
 
『鈴木 由美子先生』
 
「こころの子育て〜やさしい子育〜」
 
子育てを通してみえた子育てあるある話を楽しく聴ける公演内容となっています。
 
長年、横浜市幼稚園協会の子育て相談員として
多くの保護者の皆様からの相談を受けてくださっている臨床心理士・公認心理師の先生です。
 
11月11日(木)9:45~11:30
受付9:30
戸塚公会堂
 
感染症対策を整え、お待ちしております
感染症対策の上おこしください
是非、ご参加ください
 
申し込み:11月4日まで 園まで参加申し込みください
*追加 申し込み可能 ご連絡ください
直接会場へお越しいただいても構いません。
ご参加ください。
 
先日、配布したプリント内容(ファイル参照)
 
電話による子育て教育相談事業の紹介
2021-10-29
保護者の皆様

お世話になっております。当園が加盟する横浜市幼稚園協会が行っている、教育相談事業の紹介です。電話を受けているのは、臨床心理士の資格をもち、自身もお子さんを育てている相談員です。資料に詳細、また相談員からのメッセージも記載しています。よろしければご覧ください。

【電話による子育て相談】
相談日:毎週火・金曜日
受付時間:10:00~12:00  13:00~15:00
子育て相談専用ダイヤル:045-534-8837
横浜市幼稚園協会HP:https://kids-yokohama.or.jp/index.php/qa/
<<しらぎく幼稚園>> 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1146 TEL:045-881-8030 FAX:045-865-1116