しらぎく幼稚園|幼稚園の運営|神奈川県公認幼稚園|預かり保育|課外教室|神奈川県横浜市

  • しらぎく幼稚園
qrcode.png
http://www.shiragiku-kg.ed.jp/
モバイルサイトにアクセス!
しらぎく幼稚園
〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1146
TEL.045-881-8030
FAX.045-865-1116

――――――――――――――――――
・幼稚園の運営
・神奈川県公認幼稚園
・預かり保育(給付対象外)
・課外教室
――――――――――――――――――
110193
 
 

しらぎく幼稚園からのお知らせ

しらぎく幼稚園からのお知らせ
 
『おうちでやってみよう』シリーズNew UPしました
2022-02-02
お家で過ごしているみんなへ 先生からのプレゼント!
<保護者専用ケージ内>からご覧ください。
 
感染拡大防止のため休園中
2022-01-31
新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の為2月7日まで休園しています
一斉メールのメッセージは保護者専用ページからご覧ください
 
ご参考 戸塚区保健センター
2022-01-30
 
神奈川県からのお知らせ
2022-01-29
新型コロナウイルス感染症に感染された方は
『自主療養』を選べるようになります
 
ご理解ご協力をお願いします
1/28より実施
 
<県PDF添付>
対象は
おミクロン株の感染拡大、重症化リスクの観点などから6歳から49歳までの基礎疾患・肥満傾向がのない方
 
注意
対象とならない方は5歳未満50歳以上、基礎疾患・肥満傾向がある方
妊娠の可能性のある方医療機関を受診し医師の診断を受けてください。
 
 
検索:神奈川県「自主療養について」
 
知事メッセージ1/19
2022-01-21

 

混雑した場所や感染リスクの高い場所は避けるなど

ウイ ルスは身近にあるという意識を強く持って

みんなで 

M(マスク)・A(アルコー ル消毒)・S(遮蔽とショートタイム)・K(距離と換気、冬は加湿)の基本的な感 染防止対策を継続していきましょう

 

 

 

知事メッセージ

 

圧倒的な感染力を持つオミクロン株によって、本県の新規感染者は、わずかな期間で激増しました。

現時点では、本県の病床はひっ迫している状況にありませんが、若者を中心に広がっている感染が

今後、重症化リスクの高い高齢者に広が れば、あっという間に病床がひっ迫する事態になりかねません。

また、いわゆるエッセンシャルワーカーが、感染等により出勤できず、 社会経済活動が麻痺する恐れも生じています。

この切迫した状況を踏まえ、本日、国は、本県を含む首都圏1都3県 などに対して

1月 21 日から2月 13 日までの間、特措法に基づくまん 延防止等重点措置の適用を決定しました。

これを受け、県は、県民や事業者の皆さんに次の事項を要請します。

 

〔県民の皆さんへ〕

 

人混みは危険という意識を強く持って

混雑を避けるほか、マスク

飲食や、M・A・S・Kの基本的な感染防止対策を徹底してください。

また、マスク飲食実施店に認証していない飲食店や21 時以降に開いている飲食店には行かないでください。

今後、気を付けるべきは、高齢者に感染を広げないことです。

改め「一人ひとりが徹底用心」をお願いします。

 

 

〔事業者の皆さんへ〕
〇 マスク飲食実施店の認証店は、

「営業時間は 21 時まで、酒類の提供は 20 時まで」または、「営業時間は20時まで、酒類の提供はなし」の

いずれかを選択してく ださい。時短要請に応じていただいた店舗には協力金を支払いますが

どちらを選択したかにより金額は異なります。

人数は、1テーブル4人までとします。

ただし、結婚披露宴や法事 などの慶弔行事で飲食店を利用する場合は

当日全員が検査を行い、 陰性が確認できた場合は、人数制限はなしとします。

 

〇 マスク飲食実施店の非認証店は、
「営業時間は
20 時まで、酒類の提供はなし、1テーブル4人以内」と します。

 

〇 非認証店についても、時短要請に応じていただいた店舗には協力金 を支払います。

 

〇 大規模イベントは、感染防止安全計画を策定し、県の確認を受けた 場合、人数上限は2万人とします。

ただし、当日2万人を超える範囲 の入場者全員が検査を行い、陰性が確認できた場合は、人数は収容定 員までとします。

 

〇 医療、福祉、ライフラインなどの事業者は、従業員の十分な感染防止対策を取りつつ

感染者や濃厚接触者が多く発生した場合であって も、業務継続を図るよう努めてください。

 

県は、昨年末に病床の確保フェーズを3に引き上げるほか、宿泊療養 施設のさらなる確保や

自宅療養者の支援体制の強化など、先手先手で、 医療提供体制の確保に取り組んできました。

こうした中、このたびのまん延防止等重点措置の適用によって、県民 や事業者の皆さんに

再びご負担をおかけすることとなり、大変心苦し いですが

24 日間にわたる措置で、この危機を早期に収束できるよう

ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 令和4年1月19日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 

 
知事メッセージ11/22
2021-11-23

知事メッセージ

 

県民、事業者の皆さんによる、基本的な感染防止対策の徹底のおかげで

新型 コロナウイルスの感染は、落ち着いた状況が続いています。

この間の皆さんのご 協力に、改めて深く感謝いたします。

こうした中、国は、基本的対処方針を変更し、飲食店やイベントの人数制限を 緩和することとしました。

また、新たにワクチン検査パッケージを活用すること で、今後、緊急事態宣言やまん延防止等

重点措置が適用された状況でも、人数制 限などを行わないことにしました。

これを受け、本県では、飲食店に対して「1組(1テーブル)4人または同居 家族、2時間を目安」

としてきたお願いは、本日から解除します。

5千人を超えるイベントについては、事業者が「感染防止安全計画」を作成し  

県が確認することで、人数上限を収容定員まで緩和します。

「感染防止安全計画」 については、11 25 日から受付を開始します。

また、県では、県民限定で県内旅行の割引を行う「かながわ県民割」

と国の事 業である「GoToEat 食事券」の販売を12月1日から再開することとしました。

さらに、国が打ち出した新たな経済対策にもしっかりと対応し、経済のエンジン をまわしていきます。

このように、制限を緩和し、社会経済活動を促進していく中で、感染の再拡大

を招かないためには、県民、事業者の皆さんが、基本的な感染防止対策を引き続 き徹底することが何よりも大切です。

新型コロナウイルスは消滅したわけではありません。

もうすぐ年末年始を迎え る時季となりますが、混雑した場所や感染リスクの高い場所は避けるなど

ウイ ルスは身近にあるという意識を強く持って

みんなで  M(マスク)・A(アルコー ル消毒)・S(遮蔽とショートタイム)・K(距離と換気、冬は加湿)の基本的な感 染防止対策を継続していきましょう。

 

 令和3年11月22日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
電話による子育て教育相談事業の紹介
2021-10-29
保護者の皆様

お世話になっております。当園が加盟する横浜市幼稚園協会が行っている、教育相談事業の紹介です。電話を受けているのは、臨床心理士の資格をもち、自身もお子さんを育てている相談員です。資料に詳細、また相談員からのメッセージも記載しています。よろしければご覧ください。

【電話による子育て相談】
相談日:毎週火・金曜日
受付時間:10:00~12:00  13:00~15:00
子育て相談専用ダイヤル:045-534-8837
横浜市幼稚園協会HP:https://kids-yokohama.or.jp/index.php/qa/
 
知事メッセージ9/28
2021-10-01

知事メッセージ

<抜粋>

 

本日、国は、本県に発出していた緊急事態宣言を、9月30日で解除 することを決定しました。

最近、新規感染者は顕著に減少し、医療の負荷も改善傾向にあります。

県民や事業者の皆さんが、外出自粛や営業時間短縮の要請などにご協 力いただいた結果であり、深く感謝いたします。

しかし、ここで制限を一気に緩めれば、感染がリバウンドし、再び 医療ひっ迫を招くことにつながります。

そこで本県では、これまで行ってきた要請を段階的に緩和することとして、県民や事業者の皆さんに、次のとおり要請します。

 

〔県民の皆さんへ〕


〇 M・A・S・Kの基本的な感染防止対策を継続してください

外出する際は、「人混みは危険」という意識を強く持って

引き続き、 慎重に行動してください。

 

 

県は、引き続き、新型コロナウイルスから県民の皆さんの命を守るため

神奈川モデルによる医療提供体制の強化に、全力で取り組みます。

また、政府が行う、行動制限緩和に向けた技術実証に協力し、社会経済活動の促進に向けた取組も進めていきます。

引き続き、新型コロナウイルスの収束に向け、県民総ぐるみの取組に、ご協力をお願いします。

 

令和3年9月28

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
知事メッセージ8/26 新規感染者を減らす!
2021-08-27

知事メッセージ

 

県独自の神奈川版緊急事態宣言から約1か月、法に基づく緊急事態宣 言から3週間以上が経過しましたが

本県の新規感染者は、いまだ収束 する気配が見られません。

この状況を一刻も早く改善するためには、新規感染者を減らすしかありません

 

デルタ株の感染力は、従来株の2倍、排出するウイルスの量は、従来 株の 1,200 倍と言われています。

今、このデルタ株による子どもの感染 が広がっています。

子ども同士の感染に加え、子どもから家族へと感染 の連鎖が懸念されます

 

まもなく夏休みが明け、新学期が始まるこの時期、これまで、感染の急所として対策を講じてきた

飲食の場に加え、新たに子どもの感染防止対策が喫緊の課題になっています。

 

そこで県は、「子どもコロナ対策」を強化していきます。

 

まず、教育委員会と連携して、県立高校については、登校する生徒 30%、 自宅でオンライン学習する生徒 70%

とする分散登校を実施し、市町村 教育委員会や私立学校にも、同様の協力を要請するなど

教育現場での 感染拡大防止を強化します。

 

また、各家庭では、子どもに発熱や咳などの症状が見られた場合は

通園や通学をさせずに、医療機関を受診してください。

 

お子さんに熱などの症状がある時は、通園・通学は絶対にさせないで ください。

 

県では、一部の皆さんに抗原検査キットを配布する事業を試行しまし た。

このキットを利用して陽性反応が出た方が、通勤や通学を控えた

という結果が得られるなど、事業の成果も明らかになりました。

 

この実績を踏まえて、県では、保育園や幼稚園、小学校等に通う子どものいる全てのご家庭に

自宅で簡単に検査ができる、抗原検査キットを配布する神奈川独自の取組を速やかに検討します。

 

この抗原検査キットで陽性となった場合は、通園、通学を控えるとともに

ただちに医療機関を受診してください

 

医療従事者の皆さんは、今この時も、患者の命を救うため、献身的な 努力を続けています。

 

全ての県民の皆さんに、災害ともいえる状況の中で

コロナに感染しない、感染させないための最大限の取組をお願いいたします。

 

令和3年8月26日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
夏休み
2021-08-07
夏休み期間(7/21~8/31)は担当職員が不在の時があります。
 連絡のある方は
平日10:00~14:00の間にお電話ください。
 
なお
8月11日〜15日は休業となります。
 
園見学について
9月より予定しておりますが日程については未定です。
決定次第HPでお知らせします。
今年度も新型コロナ感染症拡大予防のため
通常の見学とは異なることが予想されます。
ご承知ください。
<<しらぎく幼稚園>> 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1146 TEL:045-881-8030 FAX:045-865-1116