しらぎく幼稚園|幼稚園の運営|神奈川県公認幼稚園|預かり保育|課外教室|神奈川県横浜市

  • しらぎく幼稚園
qrcode.png
http://www.shiragiku-kg.ed.jp/
モバイルサイトにアクセス!
しらぎく幼稚園
〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1146
TEL.045-881-8030
FAX.045-865-1116

――――――――――――――――――
・幼稚園の運営
・神奈川県公認幼稚園
・預かり保育(給付対象外)
・課外教室
――――――――――――――――――
065056
 
 

しらぎく幼稚園からのお知らせ

しらぎく幼稚園からのお知らせ
 
知事メッセージ7/8
2021-07-10

知事メッセージ

 

本日、国は、本県に適用されていた「まん延防止等重点措置」を 8月 22まで延長しました。

 

本県の新規感染者は、県が再度、酒類の提供停止の要請を検討する基 準としていた

「1週間平均で1日あたり 230 人」を、本日超えました。

また、今回の延長は、夏休みやオリンピックの時期と重なりますので

これまで以上に警戒を強める必要があります。

県民・事業者の皆さんには、4度目の重点措置の延長となり、さらに

ご負担をおかけすることは大変心苦しいですが

皆さんご自身や大切な ご家族、仲間のいのちを守るため

改めて、次の事項を要請します。

 

(県民の皆さんへ)

 

生活に必要な場合を除いて、引き続き、県域を跨ぐ移動は控え、外 出を自粛してください。

夏休みやお盆の時期を迎えますが、感染拡大の要因となりますので、旅行や帰省は慎重に判断してください。

 

県民の皆さん一人ひとりが、生活のあらゆる場面で

M(適切なマ スク着用)

A(アルコール消毒)

S(アクリル板等でしゃ蔽、接触 はショートタイム)

K(距離と換気)

基本的な感染防止対策を徹底してください。

 

〇 感染防止対策取組書の掲示がない店の利用や、時短要請をしている時間以降に

飲食店を利用することは絶対に避けてください

また、 外食する際は、昼夜を問わず、短時間にしていただき、マスク飲食を 徹底してください。

 

(事業者の皆さんへ)

 

〇 7月12日以降、まん延防止等重点措置を行う区域(措置区域)は

「横浜市」「川崎市」「相模原市」「厚木市」とします。

措置区域内の飲食店等は5時から 20まで営業時間を短縮して ください。

また、酒類の提供を終日停止してください。

ただし、県がマスク飲 食実施店として認証した店舗は除きます。

〇 マスク飲食実施店の認証を得ていない店舗は、731日までに申請いただければ

その翌日から酒類の提供を可能とします。

ただし、後日の審査で、認証されなかった場合は、酒類の提供は停止とし、協力金は交付しません。

措置区域以外の飲食店等は、5時から 21時まで営業時間を短縮してください。

今後、新たに措置区域になった場合は酒類提供はマスク飲食実施店が

条件となりますので、早めに、認証申請を行ってください。

 

県は、感染拡大を防ぐため、抗原検査キットを症状のある方に使っていただくよう、試行的に配布する事業に着手します。

今回の措置期間は、1 か月以上にわたる長期間となります。

国は、感染状況が改善すれば、前倒しでの解除もあり得るとしていますので

1 日でも早く、まん延防止等重点措置を解除できるよう

心を一つにして、 徹底した感染防止対策をお願いします。

引き続き、県民、事業者の皆さんのご理解、ご協力をお願いいたしま す。

 

令和3年7月8日

神奈川県知事 黒岩 祐治

 

 

 

 
知事メッセージ6/18
2021-06-21

知事メッセージ

 

昨日、国は、本県に適用していた「まん延防止等重点措置」を、7月11まで延長しました

県民、事業者の皆さんのご協力のおかげで、本県では何とか感染急増 を避けられていますが

新規感染者数が前の週を上回る日もあり、感染 状況は、下げ止まりの状況が続いています。

感染のステージを判断する指標も、6項目のうち4項目が未だにステ ージIIIとなっており

感染力が高く、若者でも重症化しやすいと言われる変異株が主流となった中では、警戒を緩めることはできません。

 

重点措置の延長も 3 度目となり、県民、事業者の皆さんに、さらに負 担をかけることは大変心苦しいですが

皆さんご自身や大切なご家族、 仲間のいのちを守るため、改めて、次の事項を要請します。

 

 

*添付ファイル参照ください

 

 

令和3年6月18日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
知事メッセージ5/28
2021-06-01

知事メッセージ

 

本県に、まん延防止等重点措置が適用されて約5週間が経過しました。

感染拡大の兆候をいち早く捉え、まん延防止等重点措置を講じてきた 本県では、いわゆる第3波で見られた感染の急拡大は、何とか回避でき ています。この間の県民、事業者の皆さんのご協力に深く感謝します。

しかし、新規感染者数は、減少傾向ではありますが、現在も 200 人を 超えるなど高止まっており

まだ、感染状況を判断する全ての指標は、 依然としてステージIIIの水準にあります。

また、感染力の強い変異株の割合が 8 割を超えており、若い方でも重 症化するなど、重症化率が高くなっています。

さらに、入院が長期化す る傾向が見られるなど、警戒を緩められる状況にはありません。

こうした状況から、本日、国は、本県におけるまん延防止等重点措置 の適用を、6月 20 日まで延長しました

県民、事業者の皆さんには、引き続き、ご負担をおかけすることとなり大変心苦しいですが

 

新型コロナウイルスから、皆さんの「いのち」 を守るため、改めて、次の事項を要請します。

 

(事業者の皆さんへ)

 

 

17 市町を対象としてきた、まん延防止等重点措置を行う区域(措置 区域)に

    6 月 1 日から平塚市、小田原市、秦野市を追加します。

 

措置区域となる20市町では、次の事項を要請します。

     ・飲食店においては、20 時までの時短営業と、酒類・カラオケ設備の終日提供停止

   ・1,000 平米を超える大規模な集客施設においては、20 時までの営業時間の短縮

措置区域以外の市町村では、次の事項を要請します。

  ・飲食店においては、21 時までの時短営業と、カラオケ設備の終日 提供停止。

   酒類の提供は、本数制限、時間制など、店舗の実情にあ った対応

時短営業に応じていただいた飲食店や、大規模集客施設に対しては引き続き、一定の条件のもとで協力金をお支払いします。

 県は、協力 金の迅速な支給に努めていきます。また、酒類の提供停止の影響を受ける飲食店以外の事業者に対しても

 今後支援策を検討します。

県は、飲食店が感染拡大防止を図りながら営業できるよう、マスク 飲食実施店認証制度を進めています。

 県は、認証店を「安心して利用 できる店」として積極的にPRするほか、インセンティブの更なる充 実に努めます。

〇 措置区域内において、県の要請に応じていない店に、多くの客が訪 れている実態があります。

 感染拡大防止に加え、要請に応じていただ いている店と公平性を保つために、県は特措法に基づく命令等を行っ ていきます。

○ 県内全ての集客施設では、施設内外で混雑が生じないよう、入場制 限など、引き続き入場整理の徹底をお願いします。

〇 在宅勤務の徹底を図るとともに、従業員に対する会食の自粛や不要 不急の外出自粛等の周知をお願いします。

 

(県民の皆さんへ)

 

〇 変異株による感染が主流になっていますが、変異株への特別な対策 はありません。

県民の皆さん一人ひとりが、生活のあらゆる場面で、

M(適切なマスク着用)

A(アルコール消毒)

S(アクリル板等で 遮蔽)

K(距離換気)

の基本的な感染防止対策を徹底することが、 何よりも重要です。

 

〇 また、マスクをしていても、複数で同じ場所に長時間いたことで感 染した例もみられますので

できるだけ短時間、特に換気を徹底して ください。

少人数だから、屋外だから、若いから大丈夫という考えも 厳禁です

 

〇 外出や県境を跨ぐ移動は、生活に必要な場合を除いて、引き続き自 粛してください

 

〇 感染防止対策取組書の掲示がない店の利用や

時短要請をしている 時間以降に、飲食店を利用することは絶対に避けてください。

外食する際は、昼夜を問わず、短時間にしていただき、マスク飲食を徹底してください

 

路上などでの飲酒、いわゆる路上飲みや

家族以外の方とのホーム パーティーなどは絶対にやめてください

 

発熱等の症状が見られる場合には、職場への出勤、学校への登校や クラブ活動等の参加は、やめてください

 

県は、引き続き、神奈川モデルによる医療提供体制の確保に、全力で 取り組んでいきます。

また、感染防止に大きな効果が期待できるワクチ ンを、一刻も早く県民の皆さんに接種できるよう

市町村とともに、接 種体制の充実に取り組んでいます。

 

6 20 日までで、まん延防止等重点措置が終えられるよう

感染拡大 防止に向け、引き続き、県民、事業者の皆さんのご理解、ご協力をお願 いいたします。

 

令和3年5月28日

 

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
知事メッセージ 4/24
2021-04-24

知事メッセージ

 

~GWは、今年もがまんのウィーク~

 

本県に「まん延防止等重点措置」が適用されてから5日が経過しまし た。外出自粛や営業時間の短縮など、県からの様々なお願いに、多くの 県民・事業者の皆さんに協力いただいており、深く感謝いたします。

一方で、去る 22 日には、本県の新規感染者が、ステージIVの水準に迫 る 318 人となるなど、感染急増の傾向が明らかになっています。緊急事 態宣言が発出された東京都では、明日から、大規模な集客施設に対する 休業要請など、厳しい措置が予定されており、その影響で、本県への人 の流れが急増する恐れがあります。

人の移動が活発になるGW(ゴールデンウィーク)を控え、「まん延防 止等重点措置」の取組をさらに強化して、感染拡大をなんとしても、食 い止めなければなりません。

そこで、改めて、県民や事業者の皆さんに、次の事項を要請します。

 

(事業者の皆さんへ)

〇 これまで横浜市、川崎市、相模原市の3市としていた「まん延防止 等重点措置」を行う区域(措置区域)に、鎌倉市、厚木市、大和市、 海老名市、座間市、綾瀬市の6市を新たに加えます。これら措置区域 内の飲食店等では、4月 28 日から5月 11 日までの間、20 時までの 時短営業に加え、酒類の提供を終日停止してください。また、カラオ ケ設備の提供を停止してください。

その他区域における飲食店等では、酒類の提供本数の制限や、時間 制を設けるなど、店舗の実情にあった対応をお願いします。

〇 劇場、映画館、デパートなどの大規模な集客施設では、飲食店同様 の営業時間の短縮に加え、店舗やアトラクションごとの入場制限や施 設周辺に混雑が生じないよう入場整理の徹底をお願いします。

〇 引き続き、マスク飲食やアクリル板の設置など、基本的な感染防止 対策の徹底をお願いします。県は、個別の店舗を訪問し、マスク飲食 の実践や、マスク飲食実施店認証制度の周知・啓発を図っています。

〇 GW中は、在宅勤務を徹底するとともに、従業員に対して会食の自 粛や不要不急の外出自粛などを働きかけてください。

 

(県民の皆さんへ)

 

〇 いつもなら楽しいGWですが、生活に必要な場合を除いて、外出自 粛を徹底してください。

 県では、県管理施設の休館や利用の制限等を 行っていますが、地元市町村の意向を踏まえ、公園の駐車場の閉鎖を 行うことや海岸の利用を自粛していただくことを検討します。

 

県境を越える移動は通勤や通学など、生活に必要な場合を除いて、 自粛してください。

   高齢者と接する機会が多いふるさとへの帰省は、 ご家族で慎重に検討してください。

 

〇 感染防止対策取組書等の掲示がない店は利用しないでください。

   特 に、時短要請をしている時間以降に、飲食店を利用することは避けて ください。

 

〇 改めて、M(適切なマスク着用)・A(アルコール消毒)・S(アク リル板等でしゃへい)・K(距離と換気)の基本的な感染防止対策の徹 底をお願いします。

また、外食する際は、昼夜を問わず、マスク飲食 を実践してください。

 

路上などでの飲酒、いわゆる路上飲みや、家族以外の方を含むホー ムパーティーなどは、控えてください。

    県は、関係機関と連携して繁 華街等の巡回を行います。

 

こうした厳しい要請を行うのも

GW中の人の移動や接触の機会を減らすことで感染拡大を防ぎ

ひいては皆さんのいのちを守るためです。

 

一人ひとりの感染防止が、ご自身の、また、大切な家族や仲間のいの ちを守る鍵となります。

 

新規感染者が増加している影響で、県内の病床も徐々にひっ迫し始め ています。

そこで、県は医療機関に対して、患者を直ちに受け入れられ る病床数を拡大するよう要請します。

 

また、医療機関に協力金を支給し、発熱診療等医療機関の開業日を増

やすなど、GW期間中の医療提供体制をしっかりと確保してまいります。

 

例年であれば、県や市町村をはじめ多くの事業者が、県内外の皆さんを、温かくもてなし、楽しんでいただくところですが

コロナ禍におい て残念ながら、今年は、神奈川を楽しむことはできません。

 

今年も、GWは我慢のウィークです。

県外にお住いの皆さん、今は神奈川に遊びに来ないでください。

県民の皆さん、今は神奈川の外に遊びに行かないでください。

そして、ご家族とともに静かなGWを過ごしてください。

県民総ぐるみで、この難局を乗り切れるよう、引き続きご協力をお願 いします。

 

令和3年 4 24

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
『やってみよう』シリーズUP
2021-04-01
『おうちでやってみよう』をUpしました
全部やってみてほしいものばかりです
のぞいてみて下さいね
 
レッツ!チャレンジ!
『保護者専用ページ』
 
全日本私立幼稚園連合会の不祥事 お詫び
2021-04-01

全日本私立幼稚園連合会の不祥事に関して、横浜市幼稚園協会から連絡がありました。

「このたび、県連を通して全日本私立幼稚園連合会から保護者向けに発出されたお詫び文が送られてまいりましたので、情報共有させていだきます」横浜市幼稚園協会 

添付ファイル:保護者向けお詫び文(全日)

 
令和2年度における施設等利用費の額に係る法定代理受領額の通知について
2021-03-31
給付認定保護者の皆様へ
 
令和2年度における施設等利用費の額に係る法定代理受領額をお知らせします。
 
令和2年度における施設等利用費の額は
 
       ¥80,998,420.-
 
ファイルを添付しました。ご覧ください。
 
 
知事メッセージ3/24
2021-03-25

知事メッセージ

 

 本県に発出されていた緊急事態宣言が3月 21 日で解除されたことで、 春の陽気とともに開放感が広がり、繁華街などへの人出が急激に増えてい ます。また、これまでのモニタリングにより、20 代 30 代の若い世代の感 染者比率が高まると、遅れて、全体の感染者数が増えてくる傾向がありま す。現在、既に県内では若い世代の感染者比率が高まりつつあり、一層の 注意が必要な状況です。ここで、私たちが基本的な感染防止対策をおろそ かにすれば、一気に新型コロナウイルスの感染が急増し、三たびの緊急事 態宣言に逆戻りすることもあり得ます。

 

今、何よりも警戒しなければならないのは、感染のリバウンドです。

そこで、県は、4月 21 日までを「リバウンド防止期間」として、外出自 粛や営業時間の短縮などの要請を継続することとしました。

皆さんのご協力によって、感染状況がさらに改善すれば、これら要請の 前倒し解除も検討しますので、今一度、急所と言われている飲食の場での 対策などを、改めて徹底していただくよう強くお願いします。

 

〔県民の皆さんへ〕

〇 人との接触を減らすため、生活に必要な場合を除いて、外出を自粛し てください。外食する場合は、昼夜を問わず「マスク飲食」を習慣づけ てください。ランチやお茶の際も、マスク飲食です。併せて、黙食、個 食を実践してください。要するに「飛沫に徹底用心」です。

〇 桜が見頃ですが、花見の宴会はやめてください。謝恩会や歓送迎会、 新歓コンパなどの宴会も自粛してください。

 

〔事業者の皆さんへ〕

〇 飲食店等への21時(酒類の提供は20時)までの時短要請は、4月21 日まで延長します。要請に応じていただいた場合は、1日あたり4万円 をお支払いしますが、引き続き「感染防止対策取組書等の掲示」と「マ スク飲食の推奨」を条件とします。

〇 感染防止対策取組書や業種別ガイドラインを遵守し、アクリル板や二 酸化炭素測定機の設置、などの感染防止対策を徹底してください。

 

県は引き続き、変異株への対応や、自宅療養者の見守り体制などを強化 し、医療提供体制「神奈川モデル」の充実に全力で取り組んでまいります。 県民や事業者の皆さんには、改めて、ウイルスは身近にあるという意識 を強く持って、「絶対に感染をリバウンドさせない」ために、基本的な感染

防止対策М・A・S・Kを継続して実践いただくようお願いいたします。

 

令和3年3月 24 日

神奈川県知事  黒岩 祐治

 
知事メッセージ 3/18
2021-03-20

知事メッセージ

(県民の皆さまへ)

 

本日、国は、本県を含む1都3県に発出していた緊急事態宣言を、3月 21 日をもって解除することを決定しました。

約2か月半にわたり、県民や事業者の皆さんには、外出自粛や時短営業 の要請にご協力いただき、改めて深く感謝いたします。

これから最も気を付けなければならないのは「リバウンド」です。リバ ウンドすれば再び緊急事態宣言に逆戻りもあり得ます。

これから卒業式や入学式、就職や転勤など、人の移動が活発になる時期 を迎えます。

そこで本県は、3月 22 日から概ね1か月程度を段階的緩和期間と定め、 必要な対策を当面続けることとします。

県民や事業者の皆さんには、次の事項を徹底いただくようお願いします。

 

〔県民の皆さんへ〕
〇 特措法24条9項に基づき、引き続き、生活に必要な場合を除き、外
出自粛を要請します。特に、21 時以降の外出は控えてください。

〇 外食する際は、昼夜を問わず「マスク飲食」を習慣づけてください。

ランチやお茶の際も、マスク飲食です。併せて、黙食、個食を実践し てください。要するに、「飛沫に徹底用心」です。

〇 謝恩会や歓送迎会、新歓コンパなどの宴会は自粛してください。花見 も宴会なしでお願いします。

 

本県は今後も、さまざまな創意工夫を図りながら、医療提供体制「神奈 川モデル」を強化していきます。

また、変異株については、通常株よりも感染力が高いとも言われており、 県内でも増加傾向にあります。先日、県内で初の死者が出たこともあり、 引き続き警戒しなければなりません。そこで変異株対策として、感染者に 対する積極的疫学調査を強化して、従来より広い範囲で接触者の検査を行 っていきます。また、新型コロナウイルス感染症の患者が変異株による感 染かどうかの調査を充実していきます。

県民や事業者の皆さんには、改めて、ウイルスは身近にあるという意識 を強く持って、「絶対に感染をリバウンドさせない」ために、基本的な感染 防止対策М・A・S・Kを継続して実践いただくようお願いいたします。

 

令和3年3月 18 日

神奈川県知事 黒岩 祐治

 
知事メッセージ 3/5
2021-03-05

 

本日、本県を含む首都圏の1都3県に発令していた緊急事態宣言が延長され

 

神奈川県から「特措法に基づく緊急事態宣言措置に係る神奈川県実施方針」を改定

私立学校への協力要請(依頼)がありました。

 

今後も基本的感染対策の徹底をしてまいります。

皆様も各ご家庭で、今まで通り

 

基本的感染対策の徹底・会食の自粛・不要不急の外出を控える

食事は静かに・会話にはマスクを!等々

一人一人が頑張り・励まし合い・感謝して

日々を過ごしましょう

 

 

知事メッセージ 添付いたします

 

 

<<しらぎく幼稚園>> 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1146 TEL:045-881-8030 FAX:045-865-1116